2013年08月16日

コアサーバー データベースの作成

コアサーバーでデータベースを作成する方法を紹介します。
今回はMySQL データベースを選択して設定します。

  1. 「コアサーバー」管理コンソール(http://www.coreserver.jp)にログインします

  2. [メニュー]をクリック。[CORESERVERアカウントの登録・管理・購入]リンクをクリックします

  3. [変更できるCORESERVERアカウント]から[サーバー設定]リンクをクリックします

  4. [入室]ボタンをクリックして管理画面を表示します

  5. サイドバー[管理メニュー]からデータベースを選択します
    データベース作成・変更画面が表示されます

  6. [MySQLの追加・編集(最大9999個)]の表示領域に現在作成しているデータベースのリストが表示されます。空いている欄の[DB/ユーザー名] ,[パスワード],[文字コード]を設定したら、リストの左の選択ボタンをクリックして選択状態にします。([メモ]欄はオブション)

  7. リスト下の[作成]ボタンをクリックします。問題がなければ数分でデータベースが作成されます。


MySQLのデータベース名、ユーザー名はコアサーバーのアカウント名がプレフィックスとなります。
例えば、アカウント名が「coreuser」で、作成時に指定したDB名が「sample」ならば、データベース名、ユーザー名共に、
$ coreuser_sample


となります。

ターミナルでコアサーバーにログインして、作成したデータベースにアクセスする場合は、mysqlクライアントを利用して、以下のようになります。
coreuser@s00:~> mysql -u coreuser_sample -p coreuser_sample
Enter password:
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 8010622
Server version: 5.1.22-rc Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>
posted by ayagu at 08:27| Comment(0) | coreserver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。