2013年05月01日

wordpress セーフモード対策の設定 ( xrea/coreserver 向け)

xrea/coreserver にwordpress をインストールして使っていると、何かとセーフモードに関する警告やエラーが出ます。

php がセーフモード(safe mode)で動作しているためです。
対策としては、wp-admin ディレクトリに以下の内容を「.htaccess」というファイル名で作成します。

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files admin.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files upgrade.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files plugins.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files themes.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

これでひとまずOK。

ディレクトリの書き込み権限と所有者の変更


コアサーバーの利用で。ディレクトリが新規に作成される場合、そのディレクトリにファイルをアップロードすると書き込み権限がないためにが失敗する可能性があります。
暫定的に chmod コマンドで書き込み権限を与える事で回避できますが。所有者が別のもの(apacheなど)になっていて変更不可能なときがあります。

そんなときは以下の方法で、所有者を自分自身に変更することができます。

  1. コアサーバーの管理画面にログインして、サーバー設定画面に入ります

  2. 左サイドバーの[管理メニュー]から[ツール]をクリックします

  3. [ファイル所有者の修正] ボタンをクリックします


posted by ayagu at 01:56| Comment(1) | wordpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。